クルマの損害保険には、皆様方もご存知かと思うのですが等級という略称で知られる制度がドライバーに対してつけられます。正式にはノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、保険料に影響を与えています。等級とは、自動車の損害保険に入っている者の公平性を可能な限り担保することを目的とすることで、アクシデントを生じさせる危険性または車の保険を用いられる恐れが大きければ高いと見込まれるほど月額の掛金が上がります。一方でアクシデントを発生させてしまう確率が少なく、車の保険を使うことはないだろうと認められる利用者に関しては低リスクのドライバーであるとみなされ安くなります。安全に運転している利用者の方のほうがそうでない人より優遇される制度となっており、トラブルを起こしてしまいやすい方には不利なシステムであるといえるでしょう。等級という機構は、優秀な保険利用者と事故リスクが大きい運転者の保険の掛け金が変わらないと割高な金額を払わされていると考える客が多数を占めるため、会社側からしても支払い損を少なくするためにとにもかくにも欠くべからざる枠組みだと断言できるのです。それでは、等級というものは詳しくはどんな機構なのか端的に明らかにしましょう。初めに等級は1等級から20等級まであり、被保険者の等級が大きくなると掛金が割引されるようになっています。次に、1等級から3等級の間については値下げされずむしろ割増になり、アクシデントを生じさせ自動車の損害保険を使用すると等級が3つ下がってしまい、より一層負担が大きい自動車の保険を払うことになることを避けられません。最後に、はじめてクルマの損害保険に入るならば6等級という位置からのスタートとなり、そこから自分の数が減るのか高くなっていくのかは運転手の心がけ次第です。そういうわけで掛け金を安くしたい運転者は交通事故を防止するために日々余裕を持った運転に努めていくのが一番大切といえるでしょう。