ダイエットというのは、一緒に暮らしている人の協力が必要不可欠ですよね。私は学生のころ、好きな人につりあう人間になりたくて随分頑張ったのですが、容赦なく隣で食事をする家族には、幾度となく誘惑されました。いらないといっているのに大盛りのご飯をよそうし、からあげを揚げるしケーキをお土産に買ってくるし、正直とてもイライラしました。 本人たちには悪意がないからと我慢していたのですが、やはり協力してくれるのにこしたことはありませんよね。一緒にダイエットをするとか、家族全員低カロリー食にするなんてことは望まないので、高カロリーのものはせめて見えないところで食べて、わざわざ部屋に入ってきてまで食べることを勧めないで欲しかったです。 社会人となり一人暮らしをするようになって、一人でのダイエットはこんなにも快適なものなのだと気付きました。自分の体験で身を持って知ったので、自分の周りでダイエット宣言をする人がいたときは、せめて邪魔をしないようにすることを心がけています。