冷え性の方におすすめの食材がしょうがです。しょうがには体温め作用があります。 しょうがの温め成分は、ジンゲロールとショウガオールです。この二つの成分が熱生産を促したり血行を良くして冷え性の症状を緩和します。 しょうがは加熱するとさらに体を温める効果が高まります。加熱するとジンゲロールがショウガオールに変換します。ジンゲロールよりもショウガオールのほうが体を温める作用が高いです。 暖かい飲み物やスープにしょうがを加えると、飲み物の温度とジンゲロールがショウガオールに変わることで体温め効果が高まります。炒め物などに使うのもよいでしょう。 外出先でも便利なのがチューブ入りやパウダーのしょうがです。外食の際にしょうがを足したり、オフィスで飲み物に加えるとき便利です。 1日の摂取目安量は10gです。親指大くらいです。20g以上摂取すると胃腸障害を起こす恐れがあるのでたくさん食べすぎないように気をつけてください。 毎日摂取し続けると冷え性改善が期待できます。