自動車重量税、通称重量税というものは国産車もしくは輸入車というような愛車の生産している国や四輪駆動車、ステーションワゴンという車のタイプも例外なく、例えば、フォルクスワーゲン、等でも当たり前に負担が必要なものです。

新車登録をする際もしくは定期的にある車検の場合に納税が必要になる税金になります。

この納付税額は愛車のウエート毎に定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なる税金なので、きちんと学んで混同しないようにする必要があります。

「自動車重量税は車の重量により」「自動車税というものは車の排気量毎に」その金額が変わります。

そして買取する場合の対応も違いますので注意が必要です。

中古車を買い取ってもらうときには支払った車の税金がいくらあってもその額が返ってくるようなことはありませんが、一方、自動車税でしたら既に納めた額を買取額に乗っけてくれるような場合がありますが重量税に関しては上乗せされるようなことは全然ないのが現状です。

重量税というのは、自動車の処分時に既に納めた額が残存していると言っても自動車の専門店にてその事実が忖度される場合はまずないものなのです。

ですからその次の支払い、つまり車検まで処分するのを少し保留し査定に出すのが無駄は少ないと思います。

中古車の引き取りの際は考慮してもらえない重量税ですが、ある事例でしたら返還されることもあります。

というのは車検期間が残っているクルマを廃車処理するケースです。

要するに抹消登録をした時に、残っている車検期間に従って税金が戻ってきます。

ですが、自動車の買取時はその中古車が廃車されるのとは違うので戻ってきません。

そして愛車の名義を変更してしまった際や盗難にあった時なども還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残っている期間があるクルマを売ることは、要するに車検期間が残っている中古車ということになります。

その辺りを業者も配慮しますから重量税が残っていれば、それなりに売却額が増えるでしょう。

当然買取金額は業者次第でまちまちなのですが、車検が残っていることが忖度されれば愛車の買取額と比較するとそこまで損をするということもありません。