大抵の配達員さんは懇切丁寧でいいのですが、ごくまれに、態度の悪い配達員に当たることがあります。

 態度の悪さにもいろいろあって、まず、最初に思い浮かぶのは、本当の意味で態度の悪い配達員。

 お客の年齢が自分より下だとみると、少し高圧的に話す配達員がいます。

口調はですます調なのですが、話されているこっちとしては、いい気分ではありません。

 次に、浮かぶのはお客の家の車庫に自動車がないと、チャイムも押さずに不在表を置いていく配達員。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

 家の中で、配達のトラックの音を聴いたのでハンコを持って待っていると、チャイムは押されず、ポストに不在表を置いていく音が聞こえる。

 普通なら、ここで玄関を開けて家にいることを知らせればいいのですが、私は人見知りをする方なので、仕方なく配達員が去ってから不在表を取って、あとから宅配会社に連絡します。

 仮にも宅配という仕事をしているのに、どうしてしっかりと不在を確認しないのでしょうか。

車がない=不在という考えはどうかと思います。