疲れたときや体がだるいときに、梅干しを食べると良いという話を耳にしたことがあると思います。

これは梅干しに含まれるクエン酸が、糖質をエネルギーに変換してくれる効果があるからです。

また梅干しの酸味が体の消化液の分泌を促し、食欲増進効果もあります。

私はこれを知ってから、家族のお弁当には必ず梅干しを入れるようにしています。

お弁当の変質予防にもなるし、午後も頑張ってね! という気持ちも込めているわけです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

梅干しが苦手な人は、柑橘系のジュースでもクエン酸が摂れます。

グレープフルーツやオレンジといったジュースで手軽にクエン酸を補給するのも良いですね。

疲れを感じたときにちょっと一服とお茶やコーヒーなどが飲みたくなりますが、これは体がカフェインを欲しているのかもしれません。

カフェインには疲労回復に対して即効性があります。

摂りすぎに注意して、一息いれましょう。