現在、日本では長く続く不況により、「副業」を行う方が増加しています。

サラリーマンの方が「副業」を行う事は珍しくない時代となってきました。

本業の方でも残業や早朝出勤などで忙しいサラリーマンが疲れた身体に鞭を打って「副業」を行っているという現状が浮き彫りになってきています。

サラリーマンのする「副業」でもっとも多い物は「飲食店」でのアルバイトが第一で、次に「食料品小売業」でのアルバイトが続きます。

これら「飲食店」や「食料品小売業」でのアルバイト内容は皿洗いや食品小売、そしてウエイターやウエイトレスなどがサラリーマンが就く「副業」の仕事の種類として主なものです。

「副業」を行うサラリーマンの中には毎日朝8時の始業時間から夜は残業で深夜12時を回る本業の職務をこなしながら、朝3時や4時ごろからの「飲食店での副業アルバイト」に精を出して頑張っておられる方も沢山いらっしゃいます。

そんな「異常」とも言える日本のサラリーマンの勤務形態が「過労死」の原因となっている、と日本の医師は警告しています。