私は両親と一緒に祖母の在宅介護をしていました。ビーアップ

現在は特養に入っていますが、入るまで10年以上かかったと思います。脱毛 失敗

現在36歳の私が中学生の頃には既に祖母に認知症の兆候があり、自立歩行もできなくなったので家族全員で施設に入れようと話し合いました。パソコンとセキュリティ

しかし遠くで暮らす親戚達(おばさん達)は誰も信じてくれず、施設に入れるのは可哀想であるとか嫁姑(祖母と私の母)の問題で早く離れて住みたいだけであると嫌みを言われ続け、日々の祖母の在宅介護だけでなく親戚付き合いでも大変苦労しました。ミュゼ 全身脱毛

ある時、母が介護による過労で倒れました。ハーブガーデンシャンプー

父も大きな病気をして入院しました。

さすがにこれは会社員の私一人が同時に3人も世話をすることは不可能だと思い、親戚に祖母を預けました。

親戚は初めて祖母と一時的に同居することになったのですが、ようやく在宅介護の苦労が分かってくれたみたいで、それで施設に入れることになりました。

当時は市役所の介護相談所のケアマネージャーさんに相談をし、悩みもよく聞いてもらいました。

長期間の在宅介護をした者だけが分かる孤独感や不安感そして疲労感は、遠くに住む親戚には絶対に分かりません。

口は出すがお金も出さないし手も貸してくれない状況には精神的にまいりましたが、それでも何とか頑張って両親と3人で祖母の介護をし、施設を探し、運良く探し始めてすぐの時に施設に入れてもらえることが出来たので良かったです。

施設の職員の方々の配慮には大変感謝しています。

今現在在宅介護で悩まれている方々もいつか必ず明るい光が見えてくると思います。

一人あるいは家族だけで悩むのではなく、専門家の指導・助言も聞きながら家族みんなが幸せになれるような良い選択をして欲しいと思っています。