私は若い頃に 婦人科系の病気になり、入院した事があります。

その時、手術やその他様々な事を体験しました。

私は開腹手術をしましたので、そのために 前日に剃毛をして頂きました。

いくら仕事とはいえ 他人の急所のあたりに顔を近づけ 剃毛をしないといけないなんて、本当に大変な仕事だなと思いました。

手術の時は 身体の内部が見えるわけですから、血液を見るのが平気な人でないといけないですし、点滴や注射などは 人の皮膚に注射針を刺すわけで、怖がりな私には到底無理な作業です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

更に 私が入院していた時は、手術後に腹部が痛くなり 真夜中に何度もナースコールをしてしまいました。

しかし、そんな遅い時間でも 看護師さんは来てくださり、痛みどめの注射をしてくださったのです。

痛みどめは注射の時もあれば「座薬」の時もありました。

座薬も 私のような素人から考えますと、「他人のお尻に座薬を入れないといけないなんて、大変だわ」と感じます。