実際にパソコンの画面の前でいつも上下しているマーケットを目を向けていると、売買をしたくなるという感情に駆られる方も少なくないと思います。

だがしかし、はっきりしない思いでエントリーすることだけは間違ってもしてはいけません事実、外国為替市場は年中、常にいずれかの国で外国為替相場はオープンしているし、マーケットも常時、変化しています。

とは言っても、考え無しに売買を積み重ねるとその回数だけマイナスになる危険性が上がってしまいます。

言うまでもなく、エントリーの回数を積み重ねる事で、トータルで利益を上げられる可能性が五分五分になります。

でもその事は「ぼんやりとした直感で取引」してしまうこととは話が異なります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

トレード回数を重ねるという意味は自分自身が「ここだ!」と考え付いたチャンスを持った状態でのトレード回数を積むという事を意味します。

格段の理由がなく、取引を積み重ねるのとは違う。

為替相場の駆け引きに勝つためには、メリハリをつけることが大事です。

「ここで勝負」と考えたマーケットの時には迷わず所持ポジションを多くして、思い切り利益を追求します。

それぐらいのテンポでやった方が、結果的には取引は儲けられます。

相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

実に言葉どおりだと思います。

相場とは、常にポジションを所持する事が全部ではなく、どの売買ポジションも持たないでじっと待っている事も場面によっては取引です。

そうであるならば、どの場面で、休めばよいのだろうか。

最初に考えられるのが、先述した通り、これから先の外国為替市場が今ひとつ難しいときです。

ここから上がるのか下がるのか明確でない時は、考え無しで行動すると、自分自身の書いたシナリオとは反対の方向にマーケットが向ってしまい損をする事になります。

だから、このような状況ではポジションを0にしてそのまま様子を見ているのがいいだろう。

次に、自身の体調がよくない時です。

体の具合と相場に関係性はないと考える投資家もいますが実際には意外に影響を与えます。

体の具合が変な時は、外国為替相場の決断しなければいけない局面で正確な判断が難しくなります。

やる気がわかない時は外国為替相場から目をそらす事も大事な事です。