契約店でみなのクレカが使用可能なわけではない□カードの契約店舗は多くの場合多くのクレジットカードのブランドと契約していますが不便ですが一切の契約店舗であらゆる会社の所有クレジットカードが決済できるわけでもありません。

一例をあげると昔ながらの契約店舗の場合にはJCBの印の書いたそのクレジットカードしか使用できない場面もあるしこの頃のお店の場合だとVISAとマスターカードといったマークのついているやつのみしか使えないときもあります。

ダイナースカードなんかのクレカの場合には、よけいに使えないショップが増えるでしょう。

何の印のクレジットカードが使用できるかをいかなる方法で判断したらいいか?「それじゃどうやってどの所有クレカが切れるかを見たら良いのか?」という質問ですがちゃんと判断するとしたらお店の従業員に見せてみる以外にはないというのが残念だけど正しい回答です。

とはいえどもたいがいの商店やショッピングモールには目につきやすい場所に決済可能なカードの案内がプリントされているステッカーが付けられているので「ふーん、あそこの店舗はMasterCardが決済可能なんだ」という感じでわかるようにされてるため心配しないようにしてください。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

しかし、しっかり案内が行き届いていないショップで用いる際にはロゴステッカーが貼り付けられているショップでも「現在ではお持ちのカードは使えません」なんて案内をもらってしまうケースもあり頭が真っ白になってしまうことだけは避けたいところです。

可能な限り全部の加入店でカードが決済できるようにする目的で別の印(国外会社)が書かれている一般的なビザカードダイナースカード、等のクレカを複数使えるようにしておくようにするとよいと思います(例として:JCBを携帯しているなら他方は銀聯カード付帯のカードを持つ等)。

日本では、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのカード会社が書かれているクレカを日ごろから携帯しておけば、間違いなく日本全土の加入店舗で3枚のうちどれかのクレカを決済することができます。

カードを契約して有効にマイル取得を続けるつもりならば早いうちに別々のカードを使えるようにしておいていただきたいと思います。